おせち利用里の基本として、重箱や中身の料理の種類、意味を知りましょう

お正月に、家族、親戚そして友だちなどとおせちを囲んで食事をいただくのは楽しいですね。

日本人のほとんどの方がお正月におせちを食べていますが、おせち料理の重箱や中身の個々の料理、具材の種類や意味を知っている方はあまりいません。

普段食べている食事とは、全く異なるおせちについてその基本を知っていただくのと知らないでいるのとはお正月の楽しさもまた違ってきます。

おせちの基本を知って楽しくいただきましょう。

おせち料理は、もともと季節の節目の「節供」と言う神様に供える料理です。

それが、最も重要な季節の節目である正月の料理だけがおせちとなり、それも正月の三が日だけいただく食事を指すようになりました。

冷蔵庫のない時代に三が日は保たれるように、縁起の良い食材を酢漬けや濃いめの味付けにしています。

また、保存ができるし、「めでたさ」が重なるように重箱を使います。

おせち料理は懐石料理?

おせち料理は、いわばコース料理のようになっています。

和食が主流ですから、懐石料理みたいなものです。

その種類は次のようになります。

  1. 祝い肴三種
  2. 口取り
  3. 焼き物
  4. 酢の物
  5. 煮物

祝い肴三種

おせちの代表的な料理で、祝い肴とお餅があれば、一応おせちの形が整いお正月を迎えることができます。

祝い肴三種といい三品が主になります。

ただし、関東と関西では少し違いがあります。

関東の祝い肴

黒豆、数の子、田作り

関西の祝い肴

黒豆、数の子、たたきごぼう

口取り

口取りとは、酒の肴のことです。

食事で最初に出す料理です。

口取りは、かまぼこやきんとんをはじめとしてお肉、お魚、野菜などを甘めに料理、1枚のさらに盛り合わせてお吸い物と一緒に出します。

具体的には、紅白かまぼこ、栗きんとん、昆布巻き、伊達巻きなどです。

なお、祝い肴三種も口取りの一種です。

食事の最初の料理ですから、重箱の一番上の「1の重」に入れられます。

焼き物

海の幸の料理が中心です。

ブリの照り焼き、海老の鬼殻焼き、鶏肉の松風焼きなどがあります。

酢の物

日持ちのする酢を使った料理です。

紅白なますなどがあります。

煮物

里芋やクワイ、レンコンや人参などの山の幸を使った煮た料理です。

筑前煮などが代表的です。

重箱の詰め方

おせちは、重箱に詰めて重ねるのが一般的です。

これにも意味があって、幸せを重ねるという願いが込められています。

おせち通販や百貨店で売られているおせちは、三段重が主流ですが、正式にはおせちは四段です。

これは完全な数である「三」の上にもう一段重ねた数です。

上から、一の重、二の重、三の重、与の重と呼びます。

四の重は、四が死を連想させて縁起が悪いということから与の字が当てられています。

どの重に何のおせち料理を詰めるかは決まっています。

四段重の詰め方

一の重 祝い肴、口取り

二の重 焼き物

三の重 酢の物

与の重 煮物

三段重の詰め方

 

一の重 祝い肴と口取り

二の重 焼き物と酢の物

三の重 煮物

二段重の詰め方

一の重 祝い肴と口取り

二の重 煮物

残りの料理は好みでふりわける。