おせちの重箱に入っている料理の種類と意味は?

お正月にみんなで囲むおせち料理は美味しく楽しいですね。

でも、いつもと異なる食事である特別な時のおせち料理は、色んなものがたくさん入っています。

その数多いおせち料理には それぞれ意味があるのをご存知ですか?

おせち料理は、日本の古くからの文化を表しているものですから、その料理の種類や意味を知ることはある意味日本の文化を知ることにも繋がります。

おせち料理の分類

おせち利用リの種類と数は、地域によってそれぞれ異なりますが、平均的に言うと20~30種類あると言われています。

また、おせち料理はコース料理のようなもので、次のように分類されます。

  • 祝い肴三種
  • 口取り
  • 焼き物
  • 酢の物
  • 煮物

おせち料理の種類とその意味

それでは、おせち料理の分類に沿ってその意味を説明します。

祝い肴三種

祝い肴は、おせちの基本的な料理で、祝い肴とお持ちがあれば一応お正月を迎えることができるとされています。

黒豆、数の子は共通ですが、関東では田作り、関西ではたたきごぼうが加わります。

黒豆

黒い色は、道教などでは邪気を払って不老長寿をもたらすものとされています。

また、マメに働き、健康の意味のマメに暮らせるようにという願いが込められています。

関西では、黒豆の表面にしわができないようにするのが一般的ですが、逆に関東では、しわができるまで健康に暮らせるようにとのことから、あえてしわができるまで煮込みます。

数の子

数の子はニシンの卵で、粒が多数あることから子孫繁栄の意味があります。

また、ニシンと二親の語呂合わせで、両親が健在であることになり、演技が良いとされています。

田作り

小さい片口イワシを飴炊きにして料理したものです。

田作りとは、イワシを刻んだものを田んぼの肥料としていたことから田作りと名付けられています。

五穀豊穣の願いが込められており、「五万米」の字をあててゴマメとも称します。

たたきごぼう

関西では、田作りの代わりにたたきごぼうが祝い肴に入ります。

ごぼうは、地下深く根を伸ばし、まっすぐに根付くことから「家の土台がしっかりする」と言う意味を持ちます。

また、柔らかく茹でたごぼうを叩いて料理することから、「運が開くように」との願いも込められています。

細く長く育つこともありがたいと思われています。

口取り

紅白かまぼこ

かまぼこは、かまぼこ板に半月型に作られていますので、その形が日の出を象徴しており、「新しい日の出」を意味します。

紅白の意味は、赤が魔除け、白は清浄の意味があり、どちらの意味もお目でたいことになります。

紅白の蒲鉾を紅白に互い違いに並べるとデザイン上でも美しくなります。

伊達巻

江戸時代に、長崎から江戸に伝えられた「カステラ蒲鉾」が、洒落者を意味する伊達者に似ていたので伊達巻と呼ばれるようになりました。

また、大事な文書や絵は巻物にされていたので、その由来で「知識が増える」との縁起物とされています。

学業成就の意味も込められています。

栗きんとん

きんとんは、漢字で金団と書きます。

黄金のような色をしていることから、「金運に恵まれて豊かな1年になるように」と言う願いが込められています。

焼き物

ブリの照り焼き

ぶりは、成長するにつれて名前が変わっていくことから出世魚と呼ばれています。

立身出世を意味しています。

鯛の姿焼き

鯛は、「めでたい」の語呂合わせがあります。

七福神の恵比寿さまが鯛を抱えており、正月などのお祝いの食事にふさわしいとされています。

酢の物

紅白なます

昔は、生魚、大根、人参そして酢を使っていたことから、「なます」と呼ばれるようになりました。

白く細長い紅白の色が、お祝いの水引に似ているので、おめでたい食事では定番の料理となっています。

コハダの栗漬け

肴のコハダを酢で締めて、クチナシで黄色に色付けした栗につけたものです。

コハダは、ブリと同様に成長するにつれて名前が変わる出世魚なので、出世祈願があります。

また、黄色の栗は「五穀豊穣」の意味があります。

煮物

筑前煮

根菜と鶏を煮た筑前煮などは、家族が仲良く一緒になると言う意味があります。

具材の蓮根は、穴があるので将来の見通しがきくとされたり、里芋の小芋はたくさん煮ると子孫繁栄の演技が良いと言われています。

車海老艶煮

海老は、茹でると曲がっていますが、ちょうどお年寄りのように見えることから、長寿でいられるようにとの願いが込められています。

また、煮ると赤くなるために、赤色は魔除けや縁起物としての意味があります。